東京 メンズエステ PRINCESS LINE プリンセスライン

投稿


[挿入 挿入=””]

東京 メンズエステ PRINCESS LINE プリンセスライン

さて、本題であるワンルームのこちらのお店、なぜだかドアを開ける前にドキドキします。
この気持ちはメンズエステに通い始めたばかりのあの時に似ている。
どんな顔、スタイルなのか、妄想だけが膨らんだ後、思い切ってドアを開けると、かわいい笑顔のセラピスト。
なんでだろう、テレビの中の人に会ったような不思議な感じ。
そんな私の中での有名人が服を脱がしてくれます。
これだけで興奮。
施術については、まず最初に指圧をしてくれますがこれが気持ちいい。
キワだけじゃなく、指圧が上手いメンズエステのセラピストは、私の中で評価がグッとあがります。
指圧の後はオイル。
序盤からキワ攻めてきます。若葉マークのセラピストにはできない絶妙な際どさ。
気持ちよくなっている私の顔を見ながら悪戯っぽく笑います。
時折見えるスカートの中の光景にもドキドキ。
お前はメンズエステビギナーかと自分に言ってやりたい。
そんな私の脳内会議中もセラピストの手は休まず、何度も何度も接触。
でも、雰囲気を見るに、おそらく一線はキチッと引いてるタイプでしょう。
プロですね。
フィナーレに向けてキワの入り方が一段深くなります。
時計を全く意識していませんでしたが、セラピストの手の動きと雰囲気で、あーもう少しで終わるのかと察します。
興奮と、もう終わってしまう寂しさの狭間で揺れていたらお時間。
マンションを出たあと、あの頃はもっとメンズエステを楽しんでたなぁと思いながら、一杯やって帰りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました